毎日連載中|夫婦世界一周エッセイ

ウナワトゥナで安くたっぷり観光しよう 観光と安宿のご紹介

こんにちは、草作です。

1日海で泳いでいたら丸焦げになり、いよいよ日本人?と聞かれることが少なくなってきました。

明らかに日に焼けました

本来であればキャンディを紹介するのが筋ですが、数日前から滞在しているスリランカ南西部のビーチリゾート、ウナワチュナがまったりしてて最高すぎるので、先にこちらを紹介です。

ウナワチュナってどこ?

ウナワチュナはスリランカの南西に位置する、小さなビーチリゾート。

西に数キロ行くと旧市街で有名なGALLE(ガル)があります。

僕たちがこの街を知ったのは、キャンディの喧騒に負けて少し落ち着きたいと思ったのがきっかけ。

日本人のブロガーさんの記事を読んで、どうやら静かな場所なようだということがわかり、行ってみることにしました。

キャンディからコロンボを経由し、約8時間のバス旅を経て、ウナワチュナに降り立ちました。

ウナワチュナの魅力は、喧騒から離れた静かさ

ウナワチュナはとても小さな街。

メインストリートのある道はスリランカらしく、ものすごい勢いでバスが行き交っています。

しかし、ウナワチュナビーチに向かう為に細い路地を一本入ると、そこにはビーチリゾートらしいまったりとした空気が流れています。

また、僕たちの宿泊している宿はその細い路地からさらに入ったところにある為、外の喧騒からは完全に遮断された空間が広がっています。

キャンディでは個室の宿でさえ、宿主が提案してくるツアーを断り続けることで体力を消耗していましたが、ここならそういうことも一切なし。

ゆったりお茶でも飲みながら、旅の計画を練ったりすることもできます。

ウナワチュナの1日

ウナワチュナの1日をまとめてみました。

旅をしていると、お金を使わずに時が経つのを待つのがいかに大変か思い知らされます。

その点、泳げる海があると、時間はあっという間に過ぎ去ります。

あとは心地いい疲労感と共に寝るだけ。最高のひと時です。

朝ごはん
アボカドとバナナ。一人約70円
10:00
海水浴
歩いて5分のウナワチュナビーチでまったり。ウミガメと一緒に泳げることも
13:00
遅めの昼食
panawa hotelでフライドライス。一人約140円。
15:00
お昼寝
宿のバルコニーで椅子にもたれながら昼寝。庭にはリスやキツツキの姿も
18:00
夕食
panawa hotelでロティとサモサの夕食。一人約100円。
19:00
晩酌
宿のバルコニーでまったり晩酌。スリランカのビールは500mlで約140円。ストロング缶はalc8.8%でサクッと酔える。
21:00
就寝
眠くなったらベッドにゴロン。朝日と共に目覚めるのを待つのみ

1日合計料金(1名)

宿泊費:660円

朝食代:70円

昼食代:140円

夕食代:100円

お酒代:140円

おつまみ:18円

合計金額:1,127円

ウナワチュナで宿泊するならMN HOUSEが圧倒的におすすめ

ウナワチュナはビーチリゾートのため、平均宿泊費は3000ルピー〜10000ルピーとかなり高め。

その上、メインストリートの通りにあるホテルは老朽化が進んでいる場合もあり、宿泊先は前もって検討しておく必要があります。

そんな中、僕たちが滞在したMN HOUSE一泊約1,600ルピーという激安価格ながら、無料Wi-Fi・冷蔵庫・給湯ポット付きで、なおかつロケーション最高という奇跡的な宿です。

宿主のおじいちゃんの家がバルコニーから10メートル離れたところにあり、スリランカ人のローカルな暮らしを眺めながら、涼しい庭でまったり過ごしていると、時間はあっという間に過ぎ去ります。

宿にいる女の子はわんぱく盛り。癒されます。

キングココナッツやバナナ・カレーリーフなどが植わっている庭は、動物たちの憩いの場。

様々な鳥やリスが遊んでいるのが見られます。

MEMO
宿にはエアコンがついていますが、エアコンをつける場合は1日4$値上がりします。ただ、バルコニーから涼しい風が入る為、エアコンなしでも十分に過ごせます。

ウナワチュナのご飯事情

ウナワチュナは食事も観光価格になっていて非常に高いです。

そんな中でも安く上がる方法はあるので、そちらを紹介します。

朝ごはんは現地の果物がおすすめ。

アボカドが一個50ルピー(35円)、バナナは1房40ルピー(28円)。

果物でお腹いっぱいにするなんて贅沢の極みです。

昼、夜ご飯には、ウナワチュナビーチに入る入り口にあるPAWANA HOTELという料理屋がローカルの人たち多く訪れる店でわりかし安め。

ベジタブルカレーとフライドライスは200ルピー(140円)。

ベジタブルカレーの具は日によって違います

別の日のカレー

さらに別の日のカレー

卵入りの四角いロティとサモサなどは一つ60ルピー(42円)。

カレーやフライドライスはとてつもない量なので、昼ご飯に食べたら夜ご飯は少なくしても十分暮らしていけます。

ウナワチュナのアクセス方法

ウナワチュナに行く方法は、電車かバス。

電車はドアから人が溢れるくらいパンパンに乗っていて乗る気が失せるので、バスがおすすめです。

コロンボバスターミナルから、エアコン付きのインターナショナルバスに乗って約3時間〜4時間で到着します。

価格は340ルピー(238円)です。

まとめ

今回はスリランカ、ウナワチュナを紹介しました。

スリランカの喧騒に疲れた方、コロンボから近場で安らげるところを探している方。

ぜひウナワチュナに足を運んで見てください。

コロンボ近くでお土産を探している方におすすめ

【スリランカ:ネゴンボ】気候・過ごし方・おすすめのおみやげ紹介

5 COMMENTS

アバター きなこ

はじめまして
ブログ拝見しました。
今年の3月にスリランカに行きます。
ティッサマハーラーマからコロンポに行く途中に何処に立ち寄りたくて色々探していました。
そこで見つけのがso- sakuさんのブログです。
早速こちらで紹介されているゲストハウスを予約しました。
少し教えて頂きたいのですが、
ウナワチュナからゴールへはトゥクトゥクで直ぐなのでしょうか?
コロンボに帰るにはウナワチュナからゴールへ行き ゴールからコロンボを目指した方が良いのでしょうか?
宜しくお願いします

返信する
アバター 草作

はじめまして。草作です。
ご連絡ありがとうございます。
早速予約いただいたのですね!実はタイムリーにゲストハウスのオーナーから連絡がきました笑
ぜひよろしくお伝えください。
ご質問いただいたウナワチュナからのアクセスについてご返信します。

【ウナワチュナ〜ゴールへの移動手段】
移動手段は、バスかトゥクトゥクになります。時間は約15分です。
このあたりは観光地街ということもあり、トゥクトゥク相場は高めです。
記憶が曖昧で申し訳ないのですが、300〜500スリランカルピー程度だったかと思います。
バスであれば確か100ルピーだったと思います。こちらも曖昧で申し訳ございません…
バスもトゥクトゥクもひっきりなしに通っているので、捕まえるのには困らないかと思います。

【コロンボ〜ウナワチュナの移動方法について】
きなこさんのご質問通り、ウナワチュナ〜ゴール〜コロンボというアクセスになります。
コロンボからゴールまでは車で三時間以上あり、タクシーではかなり高くなってしまうため、バスがメインの移動手段となります。
そうなると、バスが発着する場所からの乗車ということになりますが、ゴールの中心地には大きなバスターミナルがあり、そこからコロンボ行きのバスが走っています。
バスには2種類あり、国営バスと言われる「値段が安くて狭くて暑い」バスと、民営バスと言われる「値段が高くて日本車で寒い」バスに分かれます。
国営バスはかなり体力が削られるので、民営バスを乗ることをお勧めします。

また、移動手段について補足です。
当初の予定ではタクシー・トゥクトゥク配車アプリ「pick me」を使うつもりだったのですが、一度騙されたことがあったのと、場所によっては全然やってこないこともあったので、あまりお勧めできません。
騙されないのが必須条件であれば、バスが確実です。
空港から移動したりする場合はUberの方が騙される可能性も少なく安全ですが、他の国で使うUberと違い、スリランカでは配車依頼した場所に来なかったりとサービスの質はあまり高くありません。
イレギュラーの対応がある前提で、余裕をもった移動をお勧めします。

その他、ご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。
草作

返信する
アバター 匿名

草作様

早々にお返事ありがとうございます
これで決心が着きました。
実はティッサマハーラーマからゴールに行き1泊してコロンボに行くつもりでしたが、ウナワチュナに滞在してゴール観光をしコロンボに行く事にします。
その場合ウナワチュナで2泊するつもりです。
バスの乗り方も大変参考になりました。

ゲストハウスのオーナーさんとは今でもご連絡を取られているのですね。
それ程ステキなゲストハウスだったのですね。
今から楽しみです。
アドバイスを頂きありがとうございました。

きなこ

返信する
アバター きなこ

こんにちは
宿のオーナーさんから連絡があり日本製のバックパックが欲しいそうです。
どの様なのが良いのか、もし良かったら聞いてもらえませんか?
私は荷物が少ないので持って行けます

返信する
アバター 草作

コメントありがとうございます。メールアドレスの方に返信いたしましたので、ご確認いただけますと幸いです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。