毎日連載中|夫婦世界一周エッセイ

ポルトガル|ポートワイン見学ならAUGUSTO’Sがおすすめ!ポートワインの魅力とアクセスをご紹介

こんにちは、草作です。

僕と妻のフウロは2018年に夫婦で世界一周旅行をしてきました。

なかでも印象深かった国が、ヨーロッパでもっとも西に位置するポルトガル。

宣教師のこともあって日本とは深い関わりがある国ですが、意外と知られていない国でもあります。

今回はそんなポルトガルで有名なポートワインのおすすめ見学場所をご紹介します。

こんな方におすすめの記事です

こんな方に読んでほしい記事です

・ポートワインの見学場所を検討している

・そもそもポートワインってなに?

・ポルトに行こうか悩んでいる

ポルトガルが誇るワイン|ポートワインってなに?

ポートワインは、ワインを作る途中にブランデーを入れる酒精ワインです。

この酒精ワインの特徴は甘くて度数が強いこと。

アルコール度数は20度前後と、通常のワインよりも強めです。

その代わり、糖分の発酵途中でブランデーを付加してするため、ぶどうの甘みがより強く残っています。

飲みやすく酔いやすい。それが酒精ワインの特徴です。

そしてポートワインは、ポルトガルのポルト・ドウロ地方と呼ばれる場所で作られる酒精ワインのこと。

ポートワインの酒造はドウロ川が流れる脇のヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアという場所に集中しています。

ポートワインは甘くて深くて安い!

ポートワインの特徴は、なんといってもその甘さ。

飲むまではてっきりカシスのような甘みを想像していましたが、しっかりと熟成された深みのある味わいです。

渋みが少なく、ワインが苦手な人でもさらっと飲めてしまう口当たりの良さが特徴です。

僕は今まで飲んだワインの中で一番口にあっていると感じました。

ポートワイン一本の単価は20ユーロほど。通常のワインと比べて保存がきくこともあり、ゆっくり飲めるのでコスパにも優れています。

見学場所はアウグストスがおすすめ

さて、このポートワインはポルトに行けばスーパーでいっぱい売っています。

ポルトについて早速買ったのがこのポートワイン。

美味しいです。甘みもあり、コクもあり。

「これがポートワインか。美味しかったね」

とフウロと話していましたが、正直スペインで飲んでいたワインと比べると感動するほどでもないなという印象でした。

やはりちゃんとワイナリーに行って試飲をして、これぞポートワインと言えるようなものを飲みたいと思い、ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアに繰り出すことに。

ポートワインといえば、このSANDEMANという会社がとても有名なそうです。

しかし、最近は見学料が上がりサービスも低下したらしく、評判は散々。

そこで、小さなワイナリーで評判の良かったAUGUSUTO’Sという場所に行くことにしました。

AUGUSTO’Sのポートワインは信じられないくらいおいしい

AUGUSTO’Sのワイナリーはちょっと脇に入った場所にあります。

受付で整理券をもらい、試飲付きのチケットを買います。僕の行った時は一人5ユーロでした。

とても小さなワイナリーでここで醸造をしているわけではないため、ツアーもこじんまり。

どうやって作られているかの簡単な説明を受けたのちに、試飲となります。

赤・白・ロゼの中から2種類を飲むことができます。

夫婦で行けば別々のワインを選べるのでお得。

一口飲んで、すぐにスーパーで買ったポートワインとレベルが違うと感じました。

まるでトリスウイスキーと響18年の違いのよう。

AUGUSUTO’Sのワインが醸す甘みはずっとまろやかで、つまみが一切いらないほどに完成されています。

さんざん悩んだ結果、21ユーロのポートワインを購入することにしました。

ポートワインは熟成すればするほど旨味が増します。

20年もの、30年ものも試飲・購入することができるので、ぜひお試しください。

AUGUSUTO’Sの予約方法・アクセス

AUGUSUTO’Sはポルトの有名な観光地、ドン・ルイス一世橋から歩いて行けます。

事前予約はなしで、当日受付で支払い&整理券をもらい、一時間単位で見学ツアーが行われています。

チケット代は一人5ユーロ(2018年時点)です。

整理券をもらった後はその場にいなくてもいいので、隣のコーヒー屋さんでカフェを楽しむのもありです。

さいごに|ポルトは最高の街です

今日はポルトガル・ポルトにあるワイナリーAUGUSUTO’Sをご紹介しました。

ポルトは気候良し治安良しご飯良しの、まさに三拍子揃った都市です。

また、僕たちが行った秋口はいちょう並木が黄色く色づき、さながら日本の風景です。

ヨーロッパの西の端にあるためなかなか旅程に入らないことが多いですが、ぜひ一度ポルトに訪れて欲しいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。