カインズのダウンパンツは超おすすめ|安くて軽くて超あったかい!

こんにちは、草作です。

本日は我が家で愛用しているダウン地のズボンの紹介します。

僕と妻のフウロが住んでいる家は築50年の平家

二人で床を張ったので風情はありますが、冬は底冷えがしんどくて防寒対策は必須です。

今までボアやフリースなどあらゆる手を試してきましたが、2019年。画期的な商品をついに発見しました。

それが、カインズホームに売っているインナーライトパンツ

これを履くようになってから部屋でも職場でも外出先でも冷え知らず。

あまりに便利すぎるので実家の両親に勧めたところ、両親共に購入したほど。

今日はそんなインナーライトパンツの長所を紹介します。

注意
2021年もカインズのダウンパンツを買おうと思ったら、どうやら今年は販売を見送っているようです…どうしてもダウンパンツが欲しい!という方はワークマンか、下記のサイトからどうぞ。デザインはカインズが勝っていますが、機能は充分です。

 

長所1 超あったかくて、あったかすぎない

冬のズボンに求めるもの、それは何より「あたたかさ」です。

ダウンズボンはダウンジャケットの生地を使ってズボンを作ってしまったというような出で立ち。

なのでふかふかもこもこで超絶あったかいです。

そしてなにより、ちょうどいいあったかさなこと。

僕はフリース地やヒートテックが生み出すタイプのあたたかさが苦手です。

というのも、あたたかくなりすぎてしまうんです。

結局脱いで寒くなってまた着込んだり、常に肌着の存在を感じながら生活する羽目になります。

それに比べ、なんでしょうねこのダウン地のあたたかさっていうのは。

とっても自然なあたたかさなんです。

すぐあったかくなるし、そこからあつすぎることにもない。

表記では防風機能はありませんが、風にも強くて寒くなりにくい印象もあります。

長所2 室内でも野外でもOK いい感じのデザイン

カインズホームで全面に売り出されているダウンズボンですが、売り場的には作業着エリアにあります。

しかし、このズボン。いい具合に「作業感」がないため、普段使いもできるところがポイントです。

履いてみるとわかりますが、シルエットがシャープで、鈍臭くありません。

それなのに稼働範囲は広く、しゃがんだりしてもOK。

フウロは外用と家用、2種類買っていますよ。

長所3 1着2,480円という安さ

どんなにいい商品でも、リーズナブルでなければ手が出ません。

カインズのインナーライトパンツはまさかの3000円以下。

ダウン地の商品とは思えない安さです。

そもそも、このダウン地のズボンって、アウトドアで売られていたものなんです。

アウトドアブランド:ノースフェイスが販売しているズボンはなんと2万円!

 

もちろんスペックに差があるのは承知ですが、普段使いのズボンとしてはカインズのものでも十分まかなえます。

ワークマンにも似た商品がありましたが、カインズはさらに500円ほど安いのでまさに買いです。

長所4 男女どちらも使える

ダウンズボンのサイズにはM/L/XLがありますが、男女共用のサイズです。

しかし、女性でもMサイズならちょうど良く履けます。

ウエストはゴム&ベルト穴があるので十分です。

ちなみに180cm、60kgの僕はLサイズを購入しました。

丈はちょっぴり短い気もしますが、XLはウエストがキングサイズになるので、Lが無難です。

ダウンパンツの購入は実店舗へ

カインズのインナーライトパンツはカインズホームの店舗で販売しています。(2021年は販売してない様子)

今年販売開始の商品なのか、いい感じの場所に陳列されています。

作業着コーナーの場所にあるのでチェックしてみましょう。

通販サイトもチェックしてみましたが、みる限り販売していませんでした。

近くにカインズの店舗がない!という方は、通販で他のメーカーのものを探してみるのも手です。

 

おわりに

今回はカインズで販売しているインナーライトパンツの紹介をしました。

一度履き始めるともう脱げないほど暖かいダウンパンツ。

ぜひ試してみてくださいね。

他のおすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。