Youtubeでも話しています【こちらをタップ】

200本目

フェイスブックやインスタグラムの、限られたルールと世界の中で書くだけでなく、自分だけの世界で、ルールで、文章を綴りたい。

世界一周旅行を間近に控えた2018年7月に、ひっそりと始めたこのブログも、いつの間にか2年と半年を過ぎ、すっかりライフワークとして定着しました。

一体全体、誰が僕の文章を読むのだろう。

一人も見てくれなかったら心が折れてしまう…とおどおどして、当初はフェイスブックで毎回告知をしていました。

とこから、ブログ開設から数ヶ月経つとどこからともなく訪問者がやってくるようになり、コロナ禍で一番の推しコンテンツだった世界一周記事がぱったり読まれなくなった今でも、「書こう」という気にはなれるぐらいの人が毎日アクセスしてくれています。

一人、二人くらいは毎記事を読んでくれているようなファンもいるのかもしれない。ありがたいことです。

2018年と聞くとついちょっと前のような気がするけれど、僕はこの二年と半年に会社員を辞め、世界一周旅行をし、花火師になり、フリーランスとして仕事を始め、益子に引っ越すなど、激動に激動を重ねた数年間でした。

30歳にもなっちゃったし、仕事のこと家族のこと家のことペットのこと、色々考えることもあるけれど、どれもそつなく、楽しくこなしつつ、ブログも僕の体の一部として続けていけたらと思っています。

どれか一つのことで尖ろうと遮二無二になっていた20代から、文章も書くし、動画も撮るし、広告の運用もすればプロジェクトのディレクターもやる今。

良く言えば「オールマイティ」悪く言えば「広く浅く」にシフトして、余計にこうして文章を書く空間が大事だなあと思うようになりました。特に情報を提供して成果報酬をもらうアフィリエイトじゃなくって、こういったエッセイ形式のものが。

SEO対策が全く施されてないからアクセスは壊滅的に悪いけれども、数値には現れない大事なものがあるんだなと気付かされます。だからと言ってだれにも読まれないと凹みます。

300本目の記事を書いたときには、どこからともなく応援してくれていたファンの方とどんな形でもつながって、相互に気持ちを高めあえる状態になっていたら素敵だなあと思います。

これからもひっそりと、宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。