毎日連載中|夫婦世界一周エッセイ

大人の青春

ブログを書きたい。

TORAVEL’S PAPERの残りを仕上げたい。

観たい映像も映画も溜まっている。

でも、今の僕たちには、それよりもずっともっとやりたいことがある。

そのことだけ考えて、毎日毎日フウロと向き合って、全力を尽くしている。

フウロが言った。

「これは大人の青春だね。」と。

今日、フウロはまた一つ年をとった。

一緒に歩み始めた、僕たちの20代がそろそろ終わる。

それまでに、やるべきことをやり、駆け抜けた先に何があるのだろうか。

僕たちはその答えを無意識に知っているのだろう。

・・・

花火工房に行くために朝五時に起きると、寝ぼけながらフウロが言った。

「昨日Cold playのドキュメンタリー観ちゃった。すごくよかったよ。イヤホン推奨。」

僕はさっき、そのドキュメンタリーを耳で聴きながら、通勤した。

彼らの演奏を聴きながら、思い出していた。

2010年に僕たちは、FUJIROCKのグリーンステージで彼らの演奏を観た。

昭和を感じさせるような、アナログな電飾に人型を模した紙吹雪。

あの日一緒に観た景色を、僕たちはずっと追っているのかもしれない。

その道で出会う人たちは、皆全て僕たちの人生をより良いものにしてくれる鎹だ。

集中力を保ちながら、1日、また1日と時間が過ぎていく。

今まで感じたことが無いような時の流れを感じながら、もうそろそろ世界一周から2ヶ月。

3月にはきっとわかるはずだ。

僕たちは何者になれると。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。